竹馬川に棲む淡水魚-マンガ倉庫裏、吉田川シラサギ




竹馬川和風休憩所とMTB自転車

今日の探索は竹馬川を曽根干潟とは逆の方向に行って見ます。
たいした距離ではないですが行ったことが無いので楽しみ。

その前に竹馬川に流れ込む吉田川にちょいと寄り道。

吉田川

吉田橋

吉田川-2

吉田川-3

ハイッ、居ました。シラサギ。車で通るときいつも居るのです。

吉田川のシラサギ

距離が近いからアップで撮れる。

吉田川のシラサギ-2

吉田川のシラサギ-3

吉田川のシラサギ-4

おっ、逃げられた。

それでは行きますか。

今日は雨の予報でしたがなんとか曇りで留まっています。ラッキー。

竹馬川

竹馬川第四ポンプ場を右手に見ながら行きます。
竹馬川第四ポンプ場

小倉南区沼南町2丁目14-1だそうな。

そしてすぐ左はいつもの竹馬川防潮水門

竹馬川防潮水門-1

竹馬川防潮水門-2

防潮水門管理橋。いつもはこの橋を渡って左に曲がり曽根干潟に行きますが今日は渡らず。真っ直ぐ行きます。

防潮水門管理橋-1
防潮水門管理橋-2

新開橋って言うんだ。渡らず突っ切る。
新開橋-1

新開橋-2

さてここからが本日のお目当ての場所。左手が竹馬川。

左手が竹馬川

おおっ、いいじゃん。

竹馬川

竹馬川に沿って真っ直ぐ進む。

右手は高蔵山、足立山。

右手は高蔵山、足立山

堤防に何か貼ってあります。

竹馬川の堤防の看板

竹馬川に棲む淡水魚。これいいじゃん。モッゴ。

竹馬川に棲む淡水魚-1

竹馬川に棲む淡水魚。ウキゴリ。

竹馬川に棲む淡水魚-2

竹馬川に棲む淡水魚。バラタナゴ。

竹馬川に棲む淡水魚-3

竹馬川に棲む淡水魚。オイカワ。

竹馬川に棲む淡水魚-4

なるほどこんな魚が棲んどるわけね。

向う岸に和風な休憩場所があります。あとで行ってみよ。

右側にマンガ倉庫。いつも車で通行している道です。裏側はこんな感じになっとったんやね。

マンガ倉庫の裏側

マンガ倉庫の裏側-1

マンガ倉庫の裏側-2

竹馬川に沿ってさらに進む。

マンガ倉庫の裏側

なんだか幻想的な雲模様

幻想的な雲模様竹馬川上空

竹馬川防潮水門方向。

幻想的な雲模様竹馬川上空-2

車、バイクは通行止め!自転車バンザイ!

おおウッドデッキがあるじゃないですか。当然降りるわな。

竹馬川ウッドデッキ-1

竹馬川ウッドデッキ-2

おおっなかなかじゃないですか!

竹馬川ウッドデッキ-3

竹馬川ウッドデッキ-4

竹馬川ウッドデッキ-5

メダカが居るけど写らんやろな。

竹馬川ウッドデッキ-6

さらに進む。

真紅の彼岸花。

彼岸花

彼岸花-2

彼岸花-3

彼岸花-4

彼岸花-5

さて道路に出ましたね。ここはトライアルの通りですね。

唐戸大橋だそうです。

竹馬川唐戸大橋

唐戸大橋の上から今来た道を写す。

竹馬川唐戸大橋-2

反対の川沿いを戻っていきます。

先ほどのウッドデッキ。

お地蔵さんかな。通らせて頂きます。

向う岸から見えた和風休憩所。

竹馬川和風休憩所-1

竹馬川和風休憩所と自転車。
和風休憩所と自転車

なかなかのプロポーション。

和風休憩所とMTB自転車

小さな橋

釣り人。先ほどの堤防に貼って紹介されていたモッゴ、ウキゴリ、バラタナゴ、オイカワ狙いでしょうか。

戻って来ました。新開橋。

新開橋-1

橋の反対側の看板はひらがなで書くと言うのが決まりなんでしょうかね。

新開橋-2しんかいばし

戻ってまいりました。防潮水門管理橋。

下吉田橋-1

帰りしな吉田川に寄ってみる。

居ました橋の下にシラサギ。多分朝居ったシラサギ。

下吉田橋の下のシラサギ-1

下吉田橋の下のシラサギ-2

下吉田橋の下のシラサギ-3

警戒してます。

下吉田橋の下のシラサギ-4

逃げた。

下吉田橋の下のシラサギ-5

写真を撮る者の心理でしょうか。なるべく被写体に接近したいと言う気持ちが働きます。
やっぱりiphon(アイフォン)じゃ限界があるわ。

ソニーのサイバーショット欲しいわあ。

続く。

【関連記事】
Canon PowerShot SX700 HSが到着そして開梱!!
ブログ用のデジタルカメラが欲しい!私に最適なデジカメはどれだ!!
Canon PowerShot SX700 HS 撮影レポート/月 野鳥 風景
【日常フォト】帰宅途中に撮った竹馬川のアオサギの写真
曽根干潟竹馬川河口で釣り人がボラを釣ったところ見た!
【フォトウォーク】小倉南区吉田川からの竹馬川
竹馬川に棲む淡水魚-マンガ倉庫裏、吉田川シラサギ



Follow me!

コメントを残す