前回の記事の続きです。童心に帰って建物が取り壊されたばかりの空地の中を歩いてみる。

空地-1

空地-2

海沿いにはコンクリート製で途中できれた橋がある。船が着きよったんやろうか。

コンクリートの橋

コンクリートの橋-2

コンクリートの橋-3

コンクリートの橋-4

コンクリートの橋-5

コンクリートの橋-6

コンクリートの橋-7

 

この辺の海岸沿いではちょいちょい見かける大きな金属製の設備。以前にも登場している。

金属で出来た錆びた機械-1

龍のようなタツノオトシゴのような。水を飲もうとしている馬のようにも見える。
金属で出来た錆びた機械-2

空地の中を抜けてみる。

空地の中-1

ショベルカーと瓦礫。

クレーン車と瓦礫-1

クレーン車と瓦礫-2

クレーン車と瓦礫-3

前回も出てきた廃墟って言っていいのか定かではないがたぶん廃墟(右側)。味がある。
廃墟のある風景-1

廃墟のある風景-2

空地から井ノ浦港側。

井ノ浦港側風景-1
諸行無常。形あるものはいつか無くなるんやけど。ここには何が建つんやろか。

またレポートしたいと思います。

【関連記事】
・井ノ浦港に面した工事現場からの景色
・白い岩山 吉田鉱山を撮りまくり
・竹馬川探索いよいよゴールか?下曽根駅アンダーパスとは